気になる?中古着物の活用法

着なくなった着物はどうしてますか?

日常で着物を着る機会が少なくなっている現代では、あまり袖を通さないまま保管したままになっている方も多いのではないでしょうか?
中古の着物は家族など身近な人に譲ることもできますが、そうでない場合は着物を必要としている人に着てもらいたいものです。着物は和装が見直されてきていて街着や女子会などで着られたり、茶道や華道などの習い事で着用されるなど着物の需要は高まっています。
中古の着物を必要な人に渡す方法として、中古の着物を専門に取り扱う買取業者に売却する方法があります。
思い入れのある着物も着用してこそ再び輝きが増します。ふだんからのお手入れをしっかりし良い状態で保管しておくのは大事ですが、着物も長期間しまったままにしておくと劣化してしまいます。売却をするならば早めに依頼することがポイントになります。

どういう買取業者を選べばいいのか?

着物専門の買取業者には、それぞれ得意分野があります。高級な着物を揃えていたり年代物の着物に強い業者もあります。一般的に着物は状態が良い物が買取の対象になりますが、リメイクしたりハギレとして加工する業者と提携していれば古い着物や虫食いがある着物でも買取が可能な場合があります。手持ちの着物が汚れていたり、状態があまり良くない時には買取業者に相談してみましょう。
着物を洋服やバッグなどにリメイクした作品は、同じ着物でも色や柄の出方が違うため一点物として人気が高く、洋服にはない色や柄の組み合わせを楽しむことができます。年代物の着物は海外で注目されているほか、ファッションに和風テイストを取り入れる若い女性が増えています。