中古着物を売りたい人は今すぐチェック!

東京オリンピックを控えた今が一番の売り時です

『祖母が着ていた着物がタンスの中にたくさんあるけど自分は着ないし、処分に困っている』といった意見をよく耳にします。思い出の品もあるだろうし、捨てるのには抵抗があると思います。また、に思い切って売却しようと思っても、ブランド物や有名デザイナーが手掛けたものでなければ値段がつかないなんて思っていませんか?
実は東京オリンピックを数年後に控えた今、日本の伝統文化に注目が集まりだしていて、その注目度はこれから更に増してくることが予想されているんですね。もちろん着物もその例外ではありませんし、需要があるものの価格が高騰するのは当然のこととも言えます。ですから、処分に困っていた着物類を思い切って売却するのであれば今が間違いなく売り時なんです。

売却前に注意しておきたいこと!

いくら需要が高まっていると言っても、買取業者によって買取価格は大きく異なってきます。ある業者では買取不可と言われたものが、違う業者に依頼すると数万円の値段が付いたなんてことも珍しくはないんですね。これは査定員の知識差ももちろんあるでしょうが、持っている販売ルートでも変わってくるものなんです。単に販売力のある業者であればそれだけ高額査定ができるということですね。
ですから、1円でも高い値段で売却したいと考えるのであれば、多少手間はかかりますが必ず”相見積もり”をとることをオススメします。買取業者の中には、物の価値がわかっていながら安い値段で買い叩こうとする悪質な業者も存在しますので、そういう業者に騙されないためにも”相見積もり”をとるということは重要になってきます。